未分類

40年になってから尿酸数や高血圧後退の為に豆乳を呑むようになりました。

現時点44年代の男OLですが、30代後からふくよか気味になり40年代の壮健診査では尿酸枚数が7以上になりました。
他にも高血圧の具合が出ており、健康の為に豆乳を呑むようにしてます。

豆乳とか大豆献立には体調をアルカリ性にする効果があるので尿酸枚数ダウンにはまったくお勧めの献立です。
本当は納豆の方が壮健顔には可愛いらしきんですがあたしは納豆が苦手なのと、豆乳は液体なので体調への吸収パーセントが良いとして一年中飲み込むようにしてます。

当然それだけではなく、豆乳に含まれてるカリウムがあたしベクトルでした。
カリウムっていうのは利尿効果があります。
尿には尿酸や塩気も一緒に排出する効果があるので、体内の尿酸排泄分量も増えます。
塩気はブランクに取りすぎると高血圧やむくみといった具合を引き起こすので、尿酸・塩気オーバーに効果のある豆乳がどうしてもよかったんです。
またあたしはふくよか傾向だったので豆乳に含まれる大豆サポニン等の減量ベクトル根源もデブ生き方だったあたしには助かりました。

尿酸ってスピリッツや不規則な暮しを送ってるって高まるという予測が力強いですが、本当はマンネリ心頼みな場合が多いんです。
実際あたしはスピリッツは主として飲まず、人付き合いで月にビール山盛り呑むかどうかです。
スピリッツ補填オーバーが関係ならスピリッツをやめればいいだけですが、私のように煙草も吸わないお酒も飲まないってお客は尿酸枚数が上がりにくいものではなく押し下げる効果のあるものを摂取しないとどうも尿酸枚数は低下しません。
しかも尿酸クリスタルが適うって体調から消滅するのに2年頃程かかってしまうらしく、尿酸ダウンを意識した食べ物を永年維持しないと尿酸は下がりませんし痛風の危険性もあります。
ですので豆乳を呑むのをライフスタイルとして取り入れ4年頃ほど豆乳を呑み続けてるのですが、どうにか尿酸枚数はテンポ内側の5客席まで低下しました。
ウェイトも75kgだったのが60客席後まで下がりました。

あたしと同じようにお不安の顧客は豆乳を初めて試してみてください。