未分類

想像以上に多量の砂糖が使用されている

痩せたけど、食べたい!無理なダイエットの不満でリバウンドしてしまった!などダイエットを通じて失敗してしまった人も多いのではないでしょうか?本当は私もその単独だ。ダイエットって果たして我慢がいりますよね。

ここで今回は摂るのが大好きな自分もダメせず着実に痩せこける戦略を紹介していきたいと思います。

ドリンクやコーヒーを止めるだけで糖類規定?

皆さんは日常どのぐらいオレンジドリンクやコカコーラ、コーヒーなどのドリンクを摂取していますか?減量をする際にお酒を打ち切るという自分は多いと思いますが、わたしはサッカリドを含むドリンクを一切閉め水物は水だけを飲み込むという減量を実践しました。結論から言うと食事の流儀は大いに変えずにドリンクをやめただけで1ヶ月で2キロ洗い流すことに成功しました。とりわけわたしは砂糖たっぷりのコーヒーが大好きだったので、それをやめたことが大きな成果につながったようです。

ここでオレンジドリンクやコカコーラなどにどれほどの砂糖が含まれているのかを些か紹介していきたいと思います。

・コーラやサイダーなどの炭酸ドリンク 角砂糖10?16個取り分
・缶コーヒー 角砂糖1?3個取り分
・フルーツドリンク 角砂糖12?15個取り分

これを頭に入れておくだけもメンタリティが変わるのではないでしょうか。断然夏や実践後々など炭酸水やドリンクを瞬時呑みなんて事業ありますよね。但し、これらの炭酸水やドリンクには想像以上に多量の砂糖が使用されているので逆に言えばこれらを水に変えるだけでかなりの糖類規定になるわけです。

もしこういう成果を見ても今ひとつという自分は真に自分でドリンクを作ってください。わたしは決してシュースが飲みたくなった時に百貨店やコンビニエンスストアなどで水という砂糖を合わせるだけの粉末を買ってきて、自分でオレンジドリンクやりんごドリンクを作ります。そうなると販売で並べるドリンクと同じぐらいの甘さにするには信じられないほどの容積の砂糖を使わなければならないことに気付きます。ストレートはじめてオレンジドリンクを作った時は砂糖の容積の多さに驚きました。

また、水は体の血の流れを良くしたり便秘攻略にもなるので減量以外にも期待できます。ダイエットは無理だけど多少なりとも痩せたいと思っている自分には是非試して下さい。http://www.cecmb.com/