未分類

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵に依頼すると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手を責めたてても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

今までと違った格好をするようになったら、怪しい兆候です。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。

いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら、かなり怪しい臭いがします。

その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気の可能性もかなり高いです。

離婚ということになってもかまわない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

けれども1人で踏み込むと、大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。

信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことをお勧めします。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので並大抵のことではないのです。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。

また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

第三者からみても明白な浮気の証拠がなくてはいけません。

配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。

慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなどいろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。

埼玉県さいたま市で人妻と割り切り出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です