未分類

看護師の不足を問題

看護師の資格を取得するための国家試験は、年に1回実施されています。

看護師の不足を問題としている日本にとっては祝福すべきことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後と異常に高い水準を維持している。

看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定ラインをクリアできれば合格する試験です。

高校入学時に衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。

でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。

なぜ看護師になろうと思ったのかは実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。

転職の理由は今までに身につけたスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大切です。

修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。

結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいます。

病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。

ナースの勤務先といえば病院という位置づけが標準的なことでしょう。

また、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。

保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域住民の健康上の様々なケアをするのもナースの仕事です。

また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大部分の医療行為を看護師が行います。

日本の看護師の年収は平均437万円程度です。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員として在籍しているため、年収は平均して593万円ほどになります。

公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間の病院に比べて高く、福利厚生も手厚くなっています。

准看護師として勤務している場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。

引越し見積もり東京都足立区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です